お知らせ


お知らせ


最初 <<前 |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12 | 次>> 最後

2020.02.11 梅が満開です。

1581403259

 

東行庵の梅林、約100本の梅が、満開を迎えました。紅梅、白、薄紅と多彩な花弁が、早春の到来を告げています。どうぞ、ご来訪ください。20日ころまで、見ごろと思われます。

2020.02.11 墓参道バリアフリー化工事が完成

1581381668

                                  (撮影:吉岡一生)

 

東行庵清水山では、このほど高杉東行(晋作)墓(国史跡指定)への参道バリアフリー化工事が完成し、車椅子での参詣ができるようになりました。(2月1日通り初め式)

この事業は、地元の㈱中谷建設(下本一公:代表取締役)が、創業70周年と、高杉晋作生誕 180年を記念して費用のすべてを負担して行ってくださったものです。

東行庵周辺は、これから、梅、桜、三つ葉ツツジ、ハナショウブ、ミツガシワ、沙羅双樹、花ハスと、季節の花が咲き継ます。高杉晋作の遺品を展示する東行記念館とともに、どうぞおでかけください。

 

 

2019.12.06 サザンカが咲き競っています。

    1575607259 (12月6日現在)  

東行庵の紅葉谷、ライトアップをテレビが3社、新聞が3社、取材してくださったこともあって、昨年の1200人から2200人と、大幅アップの入場者でした。台風の影響もなく、みごとな紅葉を楽しんでいただきました。

紅葉が終わると、東行池の周辺は、赤や白のサザンカが咲き誇ってきました。どうぞお出かけください。

新年を迎えると、椿・梅と春の花が咲き継いできます。どうぞお楽しみに。

2019.11.17 紅葉 まっさかり

   1573967033

                          紅葉谷の紅葉(11月16日)

 

 東行庵の秋は、真っ盛りです。11月15日には、KRYとTYSがテレビで紹介。17日の日曜日は朝から、大勢の方が紅葉見物と、ふれあい市場の買い物で、広い駐車場も満杯がつづき、ご迷惑をおかしました。

 16日、17日は、ライトアップコンサートも開催され、ライトに照らされた真紅の楓の下に、フルートなど、すばらしい音色が流れました。

 

樹齢300年の大きな「東行楓」は、現在5分程度です。1週間後には、すべてが紅葉します。

どうぞ、お出かけくださいませ。

ライトアップは、24日(日)までです。

 ※紅葉が終わると、境内には約300本の白やピンクのサザンカが、咲き誇ります。静かになった境内もまた、味わい深いものです。どうぞ、ご来庵をお待ちしています。

  

2019.10.31 東行庵:秋の行事へどうぞ!

           1572485404(昨年、11月中旬です)

 

●東行庵(紅葉谷)ライトアップ (約250本のモミジが紅葉します)

  <11月1日(金)~24日(日)>

  日没~午後9時 (協力金=200円)

 

●第24回 奇兵隊並びに諸隊士合同慰霊祭 (約130柱の御霊を慰霊いたします)

  <11月9日(土)午前10時30分~> (お斎=11時30分)

  会場=第三駐車場

 

●モミジ・サザンカ祭り・ふれあい市場

  <11月17日(日)午前9時~午後2時>

  モミジ(約250本)サザンカ(約300本)の美しい秋の一日を、お愉しみください。

  ※ ふれあい市場会場=客殿前広場

2019.10.11 アサギマダラが来ました。

         1570763461

旅をする蝶、アサギマダラが、今年も飛来しました。10月10日、6頭でした。月末まで、もっと飛来し、秋を楽しんでほしいなと、思っています。

今年は、藤本さんという方が、立派に育てたフジバカマの苗50鉢を提供してくださって、11日付けの毎日新聞にも紹介されました。

下関・山陽小野田市・北九州市の8か所をまわって、スタンプを集めると、フジバカマの苗を贈呈する企画もあります。どうぞご参加ください。下の8か所です。

下関市=東行庵、下関市園芸センター、リフレッシュパーク豊浦。

山陽小野田市=季節体験農場”花の海”。

北九州市=北九州パレス、総合農事センター、白野江植物公園、響灘緑地グリーンパーク

2019.09.28 参道のバリアフリー化事業

本年は、高杉東行(晋作)先生の生誕180年にあたり、墓参道のバリアフリー化を行うことにしていますが、当初の10月末完成から、12月末の完成へと、予定を変更いたします。どうぞ、よろしくお願い申しあげます。

2019.09.26 高杉東行像化粧直し完成

             1569473028

 高杉東行(晋作)、生誕180周年の令和元年、清水山に建つ、備前焼の像(高さ約2メートル)を、建立63年振りに化粧直しを行っていましたが、このほど完成しました。ヒビなど135か所、延長約90メートルにもなる規模でしたが、修復ののち、UVシリコンクリアー塗装され、みごとな姿となりました。どうぞ、お出かけくださいませ。

2019.09.19 高杉晋作陶像63年ぶり化粧直し

                 1568871232

東行庵清水山に、1956年(昭和31年)11月26日に建立された、高杉晋作先生の陶像を生誕180年記念事業の一環として、修復・保存事業を行い、このほど完成いたしました。

この像は、下関市の日和山公園に、同年4月14日、没後90年祭の事業で建立された(高さ4.2メートル)の、試し焼きとして製作されたもので、高さは、2.02メートルです。

長年の風雪に耐え、小さなヒビなどのきずは、135か所、延長89メートルにもなりました。

修復は、下関市のリフォーム企画(代表・香川 修氏)によって、10日間を要し、製作当初の姿に、化粧直しされました。どうぞご参詣をお待ちしています。

 

2019.09.08 新秋の訪れ、サイクリングから

サイクリング

9月8日、「赤間関街道ライド」のみなさんが、東行庵を発着点に、美祢市の秋吉台カルストロードや弁天池をめぐる、スタート前の一コマです。熊本からの参加者もあり、出発前に、東行庵の高杉晋作の仏間で、明治維新実現への講話に耳を傾け、東行墓にも墓参。すばらしいメンバーでした。特筆すべきは、桜の造花の首飾りを、各地域のサイクリング仲間が受け継ぎ、東北の震災地まで、リレーされるそうです。到着地の様子を見たいものですね。

 

東行庵は、今年、高杉晋作生誕180年の記念の年で、これから、①高杉晋作陶像の化粧直し。②高杉東行墓への墓参道バリアフリー事業がはじまるなど、実りの秋を迎えます。

最初 <<前 |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12 | 次>> 最後

お知らせ

  • 下関市立東行記念館
  • 下関観光コンベンション協会
  • facebook高杉晋作ファンサイト