お知らせ


お知らせ


最初 <<前 |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11 | 次>> 最後

2020.07.30 山縣有朋公、月桂樹 手植えの意味

1596089351

 

東行庵清水山、史跡:高杉東行墓近くの広場に「公爵山縣有朋閣下手植月桂樹」裏には「明治四十四年十一月七日」と刻まれた石柱があります。なぜ、月桂樹を植えられたのだろうか、が疑問でした。月桂樹といえば、オリンピック、予定通りであれば東京大会開催中。をヒントとしました。

この碑のすぐそばには、”動けば雷電の如く 発すれば風雨のごとし…”の、東行先生の顕彰碑があります。顕彰碑の除幕はこの年の5月20日でしたが、山縣有朋は、病で出席できず、11月7日に訪れ、記念の植樹をした次第です。

では、月桂樹ですが、次の年、明治四十五(1912年)が第5回オリンピックの開催で、日本が初参加。金栗四三と三島弥彦の二人が、日本海を船で渡り、シベリア鉄道を経て参加しています。二人に優勝を願って月桂樹を植えたのではないでしょうか。過大な推論ですね。月桂樹の大きさは幹回り1・5メートル、高さは20メートル近くあります。

 ※金栗四三は、27キロ地点で倒れましたが、その後、えー、というエピソードがあります。

 それは、皆さんの検索のご褒美と、いたしましょう。

2020.07.18 名残を惜しむ ”花ハス”

1595035518

 

梅雨のさなか、花ハスは数百の花を咲かせ、蓮華の花園を演出していました。しかし、細くたくましい雨粒が容赦なく降りつけ、悲しく耐えている日々でした。そんな中、早朝から、多くのカメラマンが、望遠・三脚をかまえ、真剣に取り組んでおられる姿が見られました。

7月18日現在、まだまだツボミも多数ありますが、実をつける茎も見えます。花の数は盛りを過ぎましたが、月末までは、このように多彩な園をご覧いただけると思います。

ハスは、花が散ると中心から実が現れ、蓮実(レンジツ)と呼ばれます。一見、ハチの巣状ですが、趣ある風景ともいえます。

 

 

 

 

 

 

2020.07.03 雨ニモ負ケズ 咲く。

1593736944

 

梅雨末期、重たい雲がたれこめ、細い雨粒が水面に輪を描いています。それを背景に、雨に負けていないよ。とばかりに咲く花ハスです。自然は美しいひと時を演出してくれますね。感謝です。

2020.06.28 花ハス、もうすぐ満開です。

1593307951

 

花ハスが、満開まじかとなりました。例年より早く感じます。

コロナで不要不急という言葉もありましたが、ときおり、自然の中に身をおくこともすばらしいことと、思います。数百本が満開となる見ごろは、7月中旬ごろまででしょう。

どうぞ、お立ち寄りください。

※沙羅双樹は、6月28日で、散り終えました。

 

2020.06.24 沙羅双樹、開花しました。

1592967070

 

沙羅双樹が開花しました。沙羅双樹は、平家物語で「沙羅双樹の花の色…」と詠われていますが、お釈迦さまが入滅されたとき、東西南北の四方に、植えられていた花としてよく知られています。

東行庵では、昨年は5,60個の花をつけましたが、本年は、10個ほどでなんともさみしい次第ですが、6月24日、やっと、一番花が咲いてくれました。

一日花で、なんとも哀れを誘いますが、清楚な花弁は、さすがに名花と称えられる存在です。鑑賞を希望される場合は、午前中で、事務所でお声かけをお願いします。また、お手数ですが電話でお問合せくださいませ。

2020.06.21 花ハスが、咲きはじめました。

1592703770

 

東行池に、花ハスが咲きはじめました。6月18日の一番花に続いて、どんどん咲きはじめました。最盛期には、数百本が開花し、みごとな光景となります。7月中旬が見頃と思われます。

古来、ハスは、仏の知恵や慈悲の象徴とされ、如来像の台座は蓮華をかたどった蓮華座であることは、ご存じのとおりです。

梅雨の晴れ間、午前中におでかけくださいませ。

2020.06.16 梅雨の晴れ間、鯉とスイレン。やがて花ハスの世界へ。

1592281812

 

梅雨の晴れ間。鯉が嬉しそうに泳ぎまわり、その姿をスイレンがじっと見つめています。池の水が、先日からの雨水で、濁っていて少々かわいそうです。時折、ウグイス・ホトトギス、さらには、サンコウチョウまで美声を聞かせてくれます。その声を聞くかのように、鯉が大きく飛び上がる風景も見られます。

東行池は、三英(3枚の花弁)六英(6枚の花弁)黄色、紫、青、シボリと、多彩なハナショウブに彩られていましたが、終焉となりました。

一方で、花ハスの葉が水面を覆いつくした一角に、ツボミの茎がどんどん伸びてきました。7月の中旬ともなると、数百本の花が開き、梅雨も明けるころには、まさに蓮華の世界となります。お暇の節、どうぞお出かけくださいませ。

 

2020.06.04 ハナショウブ 見ごろになりました。

1591249825

 

東行池の花ショウブが見頃になりました。黄色・紫・白・しぼりなど多彩な花弁が薫風に揺れ、訪れる人をお待ちしています。見ごろは、10日ころまでです。なかでも、黄色の花ショウブは、「愛知の輝」という品種で、大変珍しいものです。どうぞおでかけくださいませ。

 

 

2020.06.04 高杉東行(晋作)お墓も新緑にたたずむ

1591168258

 

高杉東行(晋作)先生の眠る、清水山は、まさに新緑の真っただ中、ホトトギス、ウグイスがその梢で、軽妙に声を発しています。ホトトギスは、ウグイスの巣に、産卵し、ひなを育ててもらう習慣から、最適な巣をさがしているようです。

 

2020.05.24 ハナショウブの季節到来

1590302501

 

ハナショウブの季節到来です。黄色のハナショウブ一番花が、開花しました。

第3代庵主の愛したショウブで、30年も前には珍しい「愛知の輝き」という品種です。

高杉東行の眠る清水山には、ホトトギスの軽妙な鳴き声が聞かれるようになり、初夏の季節を迎えました。

東行池には、スイレンやコウホネも咲き、黄金の鯉をはじめ勇壮な姿の鯉の姿も見られます。

お暇の節、どうぞお出かけくださいませ。

※見ごろは、6月上旬です。

 

 

最初 <<前 |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11 | 次>> 最後

お知らせ

  • 下関市立東行記念館
  • 下関観光コンベンション協会
  • facebook高杉晋作ファンサイト